高崎・前橋・伊勢崎の3市で11店舗のクリーニングニュータカラを営んでおります。 30代最後の年でやっとこさ嫁さんをゲット! ダメ男ぶりをつづっております。

2019年04月20日

日本の未来

ど~も~face01icon23

禁酒したい、ダメ社長っす。

酒が諸悪の根源だと思う。


昨日は弊社の経理をお願いしている、ひかり税理士法人の設立10周年記念講演会に参加してきました。

講演くださったのは、日本M&Aセンターの分林会長

内容は・・・恐ろしい内容でした。。。

2100年、今から80年後日本の人口は5100万人今の半分になるそうです。人口統計は狂わないそうです。

もっと深刻なのは2060年、今から40年後には労働人口が半分になるそうです。

これにより国内だけの売上で成り立っている企業は、売り上げが激減し倒れていく。。。


大企業はこれを見越して海外の企業を次々と買収している。

中小は数年先を見ていればいい方で、明日くらいしか見ていない企業が多くある。

ドキッとしましたよ。。。 図星ってやつです。。。


で、ホンダも日産もすでに売上の80%以上は海外だそうです。

国内はまったく見てないそうです。


さらに・・・
日本の出生率は1.4人、単純計算で0.7人男が生まれる。

まだまだ日本は後継者は男が多い。

この0.7人のうち0.35人は会社を継がない。


なので日本の中小企業は65%が後継者がいない。

社員に継がせたくても、借入金の個人補償は社長がしている場合がほとんどで、社員では担保不足で銀行も許可してくれない。


ゆえに会社をたたむときは借金をしていない状態にするか、社長の財産を差し出すか、破産か。。。


お先真っ暗。。。



でもこれって人口が減ったままお店の数も減らない場合の計算だよね?


いずれにしても、競争に勝ち抜き生き残らなければ未来はないってことに変わりはない。


そのためにはM&Aにより体力をつける、という道もある。

そう受け止めました。


M&Aというと強い企業が弱い企業を買収する、という印象があるけど、そうではなくて合併という5:5のM&Aがこれから増えてくるのではないでしょうか?


うちも合併したいです。

AKSと

ダメンズの日々はつづく・・・



Posted by クリーニングニュータカラ at 09:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本の未来
    コメント(0)